資金を貯める事例

         (金額は年間)

 建設業         1億円  経審(経営事項審査)で自己資本金額を増やすと評定が上がる。

​ 建設資材販売業  9,000万円  ペイオフの関係で、銀行預金は1,000万円しか保証が無いので

                 安全資産へシフト。

 不動産業     5,000万円  所有する賃貸マンションの大規模修繕費用として積立。

                                          預金を使う時、銀行から色々言われるのが嫌だ。

 製造業      3,000万円  製造ラインの入替費用として。

                 使う為の積立預金をおろす際、銀行から「取引バランスが

                 変わった。」と言われたくない。

 IT関連業種    2,000万円  銀行に資金を置いても仕方がないので。

   医療       1,500万円  資金を安全に置いておくところが他に無かった。

 小売業      1,000万円  銀行による信用格付けで評価を上げる為。

                 評価が上がると借入金利が下がる。

​                 自己資本を厚くしておくと銀行からの借入条件が有利になるから。

 運送業       800万円  不測の事態(地震・自然災害など)に備えて資金を蓄える。

 介護施設運営    500万円  介護施設の運営拡大の為の自己資金を蓄える。

 農業法人      400万円  気候による収穫高の変動に対して資金を蓄える。

 小売業       300万円  運転資金とは分けて資金管理をしたい。

                 将来、売上が下がった時や役員退職金としても使えるようにする。

 サービス業     200万円  毎月、コツコツと貯めていきたい。